Docker

Dockerインストール手順<Windows向け>

2019年4月20日

重要


この記事で紹介するDocker for Windowsを利用するには、PCが以下の要件を満たす必要があります。

  • 64bit版のWindows 10(バージョン1511、ビルド10586以降)、ProもしくはEnterprise/Educationエディション
  • Hyper-Vが利用できること
  • コンテナ実行用の仮想マシンには、メモリ2GB、ディスク60GB(容量可変タイプの仮想ディスクで、初期サイズは4GB程度)のリソースが必要

Hyper-Vが有効になっているか確認する方法/Hyper-Vを有効にする方法は、こちらの記事を確認してください。

注意

当記事で紹介しているDockerについて、Docker社は2021年8月にサブスクリプションプランの変更を発表しました(Docker is Updating and Extending Our Product Subscriptions)。
個人での開発や非営利OSSの開発、教育機関での利用に関しては引き続き無料で利用することができますが、以下のような利用は有償となっているため注意が必要です。

  • Docker Desktopを利用しており、従業員数250人以上の企業
  • Docker Desktopを利用しており、年間1000万ドル以上の売り上げがある企業

上記に該当する場合有償となるため、公式ページのサブスクリプションプランなどをご確認ください。

step
1
Dockerのサイトにアクセス

Dockerはコンテナ型の仮想化環境を提供するオープンソースソフトウェアです。

Docker: https://www.docker.com/

 

step
2
Dockerのダウンロード

step1にてアクセスしたページ右上の「Get started」をクリックし、Docker Desktopのダウンロードページに移動します。

画面左、ノートPCのアイコンの「Docker Desktop」にある「Download for Windows」のリンクをクリックして、Docker Desktopをダウンロードします。

 

step
3
Dockerのインストール

step2でダウンロードしたインストーラを実行します。

 

  • WSL(Windows Subsystem for Linux)2のインストールが必須であること(後述にインストールリンクがあります)
  • デスクトップにショートカットを作成するか

上記2つの確認として、必要項目(特に問題がなければ両方チェック)にチェックを入れて「Ok」をクリックします。

 

インストールが開始されます。

 

インストールが完了したら「Close」ボタンを押し、インストールを完了します。

 

step
4
Dockerの起動確認

PCが立ち上がるとDockerが自動起動します。(初期設定では自動起動になっているため、不要であれば設定変更してください)

重要


PCの搭載メモリが少ない場合、初期設定のままではメモリを消費しすぎてDockerを起動できないことがあります(not enough memory for start Dockerなどとエラーが表示されます)。

この場合、次の手順でDockerの使用メモリ量を減らすように設定を変更してください。

  1. タスクトレイのDockerアイコンを右クリックし、Settings...を選択
  2. Advancedセクションを選択
  3. メモリ割当量を最低(1024MB)に設定する

 

Dockerが起動しない場合、WSL(Windows Subsystem for Linux)2がインストール及び更新されていない可能性があります。以下のメッセージが出てきた場合は、メッセージ内のリンク(https://aka.ms/wsl2kernel)からWSL 2 Linux カーネルの更新を行って「Restart」してください。

 

Windowsスタートメニューから「Docker Desktop」を選択し、ダッシュボードを起動します。

 

初回起動時には、ダッシュボード起動前に冒頭注意書きにもあったライセンスの確認画面が表示されます。

問題無ければ右下の「I accept the terms」にチェックを入れ、「Accept」をクリックします。

 

また初回にはチュートリアルが表示されます。本記事では取り扱わないため、不要であれば下部「Skip tutorial」をクリックしてスキップしてください。

 

以下のような画面が通常のDocker Dashboardです。

重要

ダッシュボード右上の「Sign in」からDocker Hubにサインインすることで、イメージのシェアや公開リポジトリへのプル回数上限を増やすことが可能です。

無料プランでは匿名ID(サインインしていない場合)ではなくIDがある場合、6時間あたり200プル(匿名の場合100プル)のやりとりが可能です。有料プランの場合にはこの制限や、他オプションなどが追加されます。

既にIDを作成済の場合はサインインを、そうでない場合はサインインのウィンドウ下部にDocker ID作成のためのリンクがあるので、そちらから登録してください。本記事ではローカルPC内でのみの利用を前提にしているため、ID登録無しでのインストール・起動確認紹介となります。

 

Dockerが起動している状態でコマンドプロンプトを立ち上げ、下記のコマンドを入力します。

docker run ubuntu ls

今回は動作確認としてubuntuを起動します。以下のような複数行の表示がされていたら起動成功です。

 

またダッシュボードを表示して、Dockerでどのコンテナが起動しているかを確認することも可能です。

-Docker
-

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2021 All Rights Reserved.