loggers

SLF4J + Logbackの利用法

step
1
SLF4JとLogbackとは

SLF4Jとは、Javaのロギング実装の切り替えを実現するライブラリです。このSLF4Jをインターフェースとして、さまざまなロギングを実装していくことが可能です。

ロギングライブラリとしてはLog4J2やLogbackなどが挙げられます。本記事ではSLF4JとLogbackの導入方法を記載していきます。

 

step
2
SLF4Jの導入手順

SLF4Jのページにアクセスします。

SLF4J:http://www.slf4j.org

ページ左の「Download」をクリックして、ダウンロードページに移動します。

 

ダウンロードページ中央の「Maven central」からMavenのセントラルリポジトリに移動します。

 

Maven centralの「org/slf4j」にSLF4Jの各ライブラリがあります。

ここでは基本的に利用される「slf4j-api/」をクリックしてダウンロードしていきます。

 

開発環境に合わせたバージョンのものを選択します。2021年の最新版は「1.7.30」となっています(alpha,beta版などを除く)。

 

「slf4j-api-x.x.xx.jar」のリンクをクリックし、jarファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたjarをプロジェクトに配置し、クラスパスを通します。

 

step
3
Logbackの導入手順

Logbackのページにアクセスします。

Logback:http://logback.qos.ch

ページ左の「Download」をクリックして、ダウンロードページに移動します。

 

ダウンロードページ中央の「Maven central」からMavenのセントラルリポジトリに移動します。

 

Maven centralの「ch/qos/logback」にLogbackの各ライブラリがあります。

基本的に利用される「logback-core/」や「logback-classic/」ダウンロードしてください。本ページでは「logback-classic/」のダウンロードをご紹介します。

 

開発環境に合わせたバージョンのものを選択します。2021年の最新版は「1.2.3」となっています(alpha版を除く)。

 

「logback-classic-x.x.x.jar」のリンクをクリックし、jarファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたjarをプロジェクトに配置し、クラスパスを通します。

-loggers

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2021 All Rights Reserved.