コンテナ&仮想化

WSL2の設定とLinuxディストリビューション(Ubuntu)のインストール

WSL(Windows Subsystem for Linux)は、Windows10や11、Windows Server上で動作するLinux実行環境です。

MicrosoftストアなどでUbuntuをはじめ、さまざまなディストリビューションをダウンロードし、WSL上で利用することが可能です。

 

step
1
WSL2利用のための要件確認

WSL2を実行できる環境は、Windows10(64bit版)またはWindows11となります。Windowsの32bit版は、WSL2に対応していません

ご利用のWindowsが64bit版なのか32bit版なのか不明な場合には、こちらの記事を参照して確認ください。

 

また、Windowsのバージョン・ビルドについて以下条件を満たす必要があります。

  • x64システムの場合:バージョン 1903 以降(ビルド 18362 以降)
  • ARM64システムの場合:バージョン 2004 以降(ビルド 19041 以降)

Windowsのバージョン・ビルドは、Windows ロゴ キー + R キーを押して、「winver」と入力し、 [OK] を選択します。

お使いのWindowsバージョンが古い場合は、OSバージョンを更新して下さい。

WSL2でLinux環境を利用するにあたり、PCがHyper-Vに対応している必要があります。Hyper-Vが無効になっている場合は、Hyper-Vを有効にしてください。

Hyper-Vの利用要件

  • PC搭載のメモリが最低4GB以上
  • CPUが仮想化支援機能(Intel VT/AMD-V)をサポートしている

Hyper-Vが有効になっているか確認するには、コマンドラインプロンプトで以下のコマンドを実行します。

systeminfo

「Hyper-Vの要件」の項目にある「ファームウェアで仮想化が有効になっています」が「はい」となっていればHyper-Vは有効です。

Hyper-Vが有効になっているか確認する方法/Hyper-Vを有効にする方法は、こちらの記事を確認してください。

 

step
2
WSL2と仮想マシンプラットフォームの有効化

WSLと仮想マシンプラットフォームを利用可能にするため、設定を行います。

コントロールパネルを開き、「プログラム」をクリックします。

 

「プログラムと機能」にある、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックして開きます。

 

「Windowsの機能の有効化または無効化」ウィンドウが表示されたら、「Linux用Windowsサブシステム」(WSL)と「仮想マシンプラットフォーム」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

 

https://aka.ms/wsl2kernelにアクセスし、x64マシン用WSL2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージ」をダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラを実行し、Nextをクリックしてインストールを完了させてください。

 

Linuxカーネルのインストールが終わったら、コマンドプロンプトまたはPowerShellを起動し、以下のコマンドを実行してください。

wsl --set-default-version 2

 

上図のような画面が表示されたら、設定は完了です。

 

step
3
WSL2用Linux(Ubuntu)ディストリビューションのインストール・実行

スタートメニューから「Microsoft Store」を開き、上の検索ボックスに「Ubuntu」と入力して検索します。

 

表示されたUbuntuの一覧から、インストールしたいものを選択し、「入手」をクリックしてダウンロードを開始します。

 

ダウンロードが完了すると、「入手」ボタンが「開く」ボタンに切り替わります。

「開く」ボタンをクリックして、インストールを開始します。

 

Ubuntuのインストーラが起動し、ディストリビューションが解凍されます。

 

しばらくして設定(初回起動時のみ)ウィンドウが表示されたら、使用言語を選択してエンターキーを押します。

 

名前やユーザー名、Ubuntu内で利用するパスワード(再入力確認)を入力し、画面下の「Done」を選んでエンターキーを押します。

 

次にUbuntuの構成設定オプション画面が表示されますが、特に変更無い場合は画面下の「Done」を選択し、エンターキーで進みます。

 

無事に設定が完了したら、画面中央の「Switch to a shell」を選択して進みます。

 

シェル画面に切り替わります。この画面が出たらインストール完了です。

このインストールシェルを一度終了します。

 

Windowsスタートメニューを開き、「Ubuntu」をクリックして実行します。

 

シェル画面が表示されたらUbuntuの起動が完了です。

-コンテナ&仮想化
-,