SQLite

SQLiteのインストール手順

2019年1月23日

step
1
SQLiteのサイトにアクセス


SQLiteには、常駐するDBMSプロセスがありません。各アプリケーションやツールが、SQLiteの定めるファイルフォーマットに従ってデータを読み書きする形式を取ります。このサイトでは、SQLite形式のデータベースファイルを読み書きするコマンドラインツールの導入方法を紹介します。

SQLite http://www.sqlite.org/

サイト上部にあるナビゲーションメニューの「Download」をクリックすると、ダウンロードページに移動します。

step
2
SQLiteコマンドラインツールのダウンロード


サイトから最新のSQLiteコマンドラインツールを入手します。

「Precompiled Binaries for Windows」の項目にある、「sqlite-tools-win32-x86-3260000.zip」のリンクをクリックし、zipファイルを適当な場所に保存します。2018年12月現在の最新バージョンは3.26.0となっています。

step
3
exeファイルを配置


保存したzipファイルを任意のローカルフォルダに展開します。

zipファイルの中にある、「sqlite3.exe」がSQLiteのコマンドラインツールです。このexeファイルを適当なフォルダへ保存します。

以上でSQLiteのインストールは終了です。

step
4
データベースファイルの作成


コマンドプロンプトを起動します。

「sqlite3.exe」を保存したフォルダへ移動します(この例ではc:\work)。次に、データベース名を指定してsqlite3コマンドを入力すると、指定した名前のデータベースに接続した状態で、SQLiteのコマンドラインツールが起動します(この例ではmydb)。

コマンドラインツールでは、「.help」を入力すると、各種コマンドの解説を読むことができます。また、実行するSQLの文末には、セミコロン(;)を付加する必要があります。

テーブルを作成するには、テーブル作成のSQL文を入力します。この例では、a、b、cの3つの列を持つmytableを作成しています。

テーブルを作成すると、exeファイルと同じフォルダにデータベースファイルが作成されます。SQLiteでは、このファイルにすべてのデータが保存されていきます。このファイルは、コマンドラインツールによって読み書きすることができます。

なお、コマンドラインツールを終了するには、「.exit」か「.quit」コマンドを入力します。

-SQLite
-

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2019 All Rights Reserved.