JUnit

JUnit5のApache Mavenでの利用手順

step
1
JUnit5のサイトにアクセス

JUnitとは、オープンソースのJava言語での開発でよく用いられるテストフレームワークです。JUnit5ではJDK8以上をサポートしています。

2021年2月現在の最新バージョンは「5.7.1」です。

必要に応じてドキュメントを参照してください。

JUnit5:https://junit.org/junit5/

 

step
2
Mavenのフォルダ構成(簡易版)

Mavenの簡易ディレクトリ構成は以下になります。そのほかにもありますが、ここでは必要最小限のものを紹介します。

sampleProject

├── pom.xml

└── src

    ├── main

    │   ├── filters

    │   ├── java

    │   ├── resources

    │   └── webapp

    └── test

        ├── filters

        ├── java

        └── resources

ファイル・フォルダ名 説明
pom.xml プロジェクトの構成情報を管理するファイル
src/main/java ソースファイルを配置するフォルダ
src/main/resources プロパティファイルを配置するフォルダ
src/main/filters プロパティに適用するフィルターを配置するフォルダ
src/main/webapp Webアプリ用のファイルを配置するフォルダ
src/test/java テスト用のソースコードを配置するフォルダ
src/test/resources テスト用のプロパティファイルを配置するフォルダ
src/test/filters テスト用のプロパティに適用するファイルを配置するフォルダ

 

step
3
MavenでのJUnit5の利用手順

Mavenを利用したJavaプロジェクトを作成します。ここではターミナルを使用した方法を紹介しますが、Finderから実行してもらっても構いません。

(Mavenを用意されていない場合はMavenのインストールを以下のサイトから行ってください。)

https://devnote.jp/maven

本サイトでは最小構成での手順紹介のため、適当なディレクトリで以下のコマンドを実行してください。

mkdir sampleProject

cd sampleProject

touch pom.xml

mkdir -p src/main/java

mkdir -p src/test/java

以下のコマンドでプロジェクト作成することも可能です。

参考

mvn archetype:generate

step
4
pom.xmlへの記述

pom.xmlに以下のように記述します。(必要に応じて追記等してください。)

pom.xmlの例

<project>
<modelVersion>4.0.0</modelVersion>

<groupId>jp.miyabilink.sukkiri</groupId>
<artifactId>sukkiri-test</artifactId>
<version>1.0.0</version>

<properties>
<maven.compiler.target>11</maven.compiler.target>
<maven.compiler.source>11</maven.compiler.source>
</properties>

<build>
<plugins>
<plugin>
<groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
<artifactId>maven-surefire-plugin</artifactId>
<version>3.0.0-M5</version>
</plugin>
</plugins>
</build>

<dependencies>
<dependency>
<groupId>org.junit.jupiter</groupId>
<artifactId>junit-jupiter-engine</artifactId>
<version>5.7.1</version>
<scope>test</scope>
</dependency>
<dependency>
<groupId>org.junit.jupiter</groupId>
<artifactId>junit-jupiter-api</artifactId>
<version>5.7.1</version>
<scope>test</scope>
</dependency>
</dependencies>
</project>

そして、ソースファイルをsrc/main/javaにテスト用のソースファイルをsrc/test/javaに配置します。

以下のコマンドを実行するとテストが実行できます。

mvn test

-JUnit

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2021 All Rights Reserved.