Eclipse

動的Webプロジェクトの作成

2019年3月1日

step
1
Eclipseのパースペクティブを変更


パースペクティブをWebアプリケーション開発に適した「Java EE」に変更します。パースペクティブの意味と「Java EE」パースペクティブへの変更手順は「パースペクティブの変更」を参照してください。

step
2
動的Webプロジェクトの作成


ファイルメニュー→「新規」→「動的Webプロジェクト」を選択します。「動的Webプロジェクト」が表示されない場合は、パースペクティブが「Java EE」が選択されていない可能性があります。

「プロジェクト名」を入力して「完了」ボタンを押します。プロジェクト名は半角英数にするようにします。また、「ターゲット・ランタイム」が使用するアプリケーションサーバーに合っていなければ変更します。

「スッキリわかるサーブレット&JSP入門」2章の環境構築を行う場合は、プロジェクト名を「example」にしてください。また、ターゲット・ランタイムは「Tomcat9」を選択してください。

「スッキリわかるサーブレット&JSP入門」2章の環境構築を行う場合は、下記の手順に従って動的Webプロジェクトを作成してください

重要


Eclipseのバージョンが2021-03では動的Webプロジェクトのフォルダ構成が変更され、Javaのソーフファイルの保存場所が「src」から「src/main/java」に、HTML/JSPファイルの保存場所が「WebContent」から「src/main/webapp」に変更されました。
Eclipse2021-03以降のバージョンを使用して、従来通りフォルダ構成で動的Webプロジェクトを作成したい場合は下記の手順を参照してください。

Eclipse2021-03で従来と同じフォルダ構成で動的Webプロジェクトを作成

 

作成した動的Webプロジェクトはプロジェクトエクスプローラービューに表示されます。クリックすると内容を展開することができます。

step
3
動的Webプロジェクトをサーバーへ追加


動的Webプロジェクトをサーバーに追加し実行できるようにします。サーバービューにサーバーがない場合は、先にアプリケーションサーバー追加する必要があります。手順はアプリケーションサーバーの追加を参照してください。

サーバービューで内のサーバーを選択し右クリック→「追加および除去」を選択します。

「使用可能」に表示されている動的Webプロジェクトのうちサーバーに追加するものを選択し、「追加」を押して「構成済み」に移動します。

「スッキリわかるサーブレット&JSP入門」2章の環境構築を行う場合は、「example」を構成済みにしてください。

サーバーに追加した動的Webプロジェクトを有効にするため、サーバーを起動します。

サーバービューのサーバーを選択→「右クリック」→「開始」を選択します(既に起動している場合は「再開」を選択して再起動を行います)。
サーバーの開始・停止・再起動の詳しい手順は「アプリケーションサーバーの開始/停止/再起動」を参照してください)

-Eclipse
-,

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2021 All Rights Reserved.