Git

EGitインストール手順<Windows向け>

step
1
EGitの確認とインストール

EGitはEclipse上でバージョン管理システムのGitを操作するためのプラグインです。

Eclipse(Pleiades)のインストール方法についてはこちらをご確認ください。

 

EGitは比較的新しいEclipse(バージョン4.X以降)であれば既に導入されていますが、導入されていない場合や、現在利用しているEclipseで最新版のEGitを利用したい場合などは以下の手順でインストールしてください。

既にEGitがインストールされている場合はstep2からご参照ください。

EGitをインストールするには2つの方法があります。

 

1つ目の方法は、Eclipseを起動し「ヘルプ」から「新規ソフトウェアのインストール」を選択してください。

インストールウィンドウが立ち上がったら「作業対象」のテキストボックスに「http://download.eclipse.org/egit/updates」と入力し、一覧に表示された中から「Eclipse用 Git 統合」にチェックを入れ、「次へ(N) >」をクリックします。

新規インストール以外の場合、既存のEGitに対する更新項目を選択し、「次へ(N) >」をクリックします。

インストールされる項目を確認し、「次へ(N) >」をクリックします。

ライセンスを確認し、「使用条件の条項に同意します」のラジオボタンにチェックを入れたら「完了」をクリックします。

 

2つ目の方法は、Eclipseを起動し「ヘルプ」から「Eclipseマーケットプレース」

画像では既にインストール済みとなっていますが、「インストール」ボタンをクリックすると1つ目の方法と同様にインストール項目を選択してインストールが開始されます。

step
2
EGitの起動

画面赤丸矢印のボタンをクリックし、Eclipseのパースペクティブを変更します。

パースペクティブを開く一覧から「Git」を選択して「開く」をクリックします。

画面のようなGitパースペクティブが開かれているようであれば起動完了です。試しに赤矢印の「Clone a Git repository」をクリックしてGitクローン画面を開いてみましょう。

リモートリポジトリのURIを入力し、ユーザー名とパスワードを入力するとクローンを実行することが可能になります。

-Git
-,

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2020 All Rights Reserved.