H2 Database

H2 Databaseのインストール手順(組み込みモード)<macOS向け>

参考


H2 Databaseを動作させるにはJavaが必要です。Javaがインストールされていない場合は、下記の手順を参照してインストールしてください
・JDKインストール手順

step
1
H2のサイトにアクセス

H2 http://www.h2database.com/html/main.html

step
2
H2 Database Engineのダウンロード


サイトから最新のH2 Database Engineを入手します。

トップページの「Download」のかこみに記載されている「All Platforms」のリンクをクリックし、zipファイルをデスクトップなどの適当な場所に保存します。

または、サイトの左にあるメニューの「Download」をクリックすると、ダウンロードページに移動できます。

最新バージョンの「Platform-Independent Zip」をクリックし、zipファイルを適当な場所に保存します。2020年4月現在の最新バージョンは1.4.200となっています。

step
3
H2 Database Engineの解凍と起動


step2でダウンロードしたzipファイルを解凍し、ファイルが破損していないか中身を確認してください。

ファイル解凍後、ターミナルからコマンドを入力し、「H2 Console」を起動します。

※上図の例はデスクトップに解凍後のH2フォルダを置いた場合です。H2フォルダの「bin」にカレントディレクトリを変更し以下のコマンドを入力してください。

カレントディレクトリの変更方法についてはターミナルの使い方をご参照ください。

./h2.sh

ブラウザが立ち上がり、「H2 Console」が起動します。この「H2 Console」を使用して、データベースに接続して操作することができます。
(この画面のデフォルトは英語表記ですが、画面上部のプルダウンメニューで日本語を選択することもできます)

ここでは、「mydb」という名前のデータベースを作成します。
「保存済み設定」で「Generic H2(Embedded)」を選択します。
「JDBC URL」には「jdbc:h2:~/mydb」と入力します。
入力が終了したら、「接続」ボタンをクリックします。
これによりmydbデータベースが作成され、H2 Consoleがそのデータベースに接続します。

 

step
4
接続の確認と切断

mydbデータベースに接続できたら、下図のような画面が表示されます。
表示されたら、H2 Databaseのセットアップは完了です。左上の切断ボタンをクリックして、H2 Consoleとmydbデータベースとの接続を切断します。

-H2 Database

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2020 All Rights Reserved.