H2 Database

H2 Databaseのインストール手順

投稿日:2019年2月22日 更新日:

参考


H2 Databaseを動作させるにはJavaが必要です。Javaがインストールされていない場合は、下記の手順を参照してインストールしてください
・JDK(最新版)インストール手順<Windows向け>
・JDK(最新版)インストール手順<MacOS向け>

step
1
H2のサイトにアクセス

H2 http://www.h2database.com/html/main.html

step
2
H2 Database Engineのダウンロード


サイトから最新のH2 Database Engineを入手します。

トップページの「Download」のかこみに記載されている「Windows Installer」のリンクをクリックし、インストーラ(exeファイル)をデスクトップなどの適当な場所に保存します。

または、サイトの左にあるメニューの「Download」をクリックすると、ダウンロードページに移動できます。

最新バージョンの「Windows Installer」をクリックし、インストーラ(exeファイル)を適当な場所に保存します。2018年10月現在の最新バージョンは1.4.197となっています。

step
3
H2 Database Engineのインストール


インストーラを実行すると、セットアップが始まります。ショートカットの作成など画面に従ってインストールを進めてください。

インストールが終了すると下のような画面が表示されます。

step
4
H2 Consoleの起動


インストール後、スタートメニューに作成された「H2」から、「H2 Console(Command Line)」を実行します。
「H2 Console」を使用して、データベースに接続して操作することができます。
この画面のデフォルトは英語表記ですが、画面上部のプルダウンメニューで日本語を選択することもできます。

初期設定の接続情報が表示されますので、必要に応じて変更します。
「保存済み設定」でH2 Databaseのモード を選択します。「Generic H2(Embedded)」は組み込みモード、「Generic(H2 Server)」はサーバーモードになります。同時アクセスが可能にする場合はサーバーモードを選択します。

「JDBC URL」には、H2 Consoleで接続して操作するデータベースを指定します。例えばサーバーモードの場合、「jdbc:h2:tcp://localhost/~/example」と指定すると、ホームディレクトリにある「example」という名前のデータベースに接続します。また、組み込みモードの場合、「jdbc:h2:file:C:/data/example」と指定すると「C:¥data」フォルダにあるデータベース「example」に接続します(Windowsのみ)。JDBC URLの詳細については「http://www.h2database.com/html/features.html#database_url」を確認してください。

指定した場所にデータベースが存在しない場合は、データベースが新しく作成されます。
なお「JDBC URL」は、Javaなどのプログラムからデータベースへ接続する際にも、プログラムから指定する必要があります。

入力が終了したら、「接続」ボタンをクリックしてデータベースへ接続します。接続情報は「保存」ボタンで保存しておくこともできます。

step
5
SQLの実行

接続直後の画面です(日表記)。

画面上部のテキストボックスにSQL文を入力し、「実行ボタン」(画面上部の緑の三角の丸ボタン)で実行します。この例では、ID、NAMEの2つの列を持つSAMPLEテーブルを作成しています。

-H2 Database

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2019 All Rights Reserved.