統合開発環境 Eclipse

Pleiades4.7_Oxygen(Java環境)インストール手順<Windows用>

投稿日:

重要

本記事は最新版のEclipseではなく、旧バージョンの『Eclipse4.7 Oxygen』のインストールマニュアルです

step
1
Pleiadesのサイトにアクセス


Pleiadesは、Javaの統合開発環境であるEclipseを日本語化するプラグインです。ここでは、Eclipse本体とPleiadesがパッケージングされたPleiades All in Oneのインストール方法を紹介します。

MergeDoc Project http://mergedoc.sourceforge.jp/

「Pleiades All in Oneダウンロード」のEclipseバージョンごとに並んでいるアイコンをクリックすると、ダウンロード画面に遷移します。

step
2
Pleiadesのダウンロード


サイトからEclipse4.7 Oxygenを入手します。

トップページの「Eclipse4.7 Oxygen」をクリックすると、下のような画面が表示されます。

いくつかの開発言語に対応したパッケージがありますが、ここではJavaのFull Editionをダウンロードします。使用するOSに応じて、32bitまたは64bitから選択してください。

ダウンロードアイコンをクリックして、zipファイルを保存します。

以降は、64bit版を例に解説します。

step
3
Pleiadesのインストール


ダウンロードしたzipファイルを右クリックして「すべて展開」を選び解凍します。

ファイルの解凍先は「c:¥」を選択してください。

「展開」をクリックして解凍を開始します。

ファイルの解凍が完了したら、フォルダの中身を確認します。

Pleiadesの動作には、zipファイルの内容すべてが必要になります。フォルダの中身の上記画像と同じ構成であればインストール完了です。

step
4
Eclipseの実行


インストールフォルダの「eclipse」にある「eclipse.exe」を実行し、Eclipseを起動します。

起動直後、作成するソースコードなどのファイルを保存する場所を設定します。任意のフォルダを指定します。

[OK]をクリックすると、日本語化されたEclipseの画面が表示されます。

-統合開発環境, Eclipse
-,

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2019 All Rights Reserved.