開発ツール JDK

Visual Studio CodeでのJava開発環境構築<Windows向け>

参考


Visual Studio CodeでJava開発を進めるためには、Visual Studio CodeのインストールとJDKのインストールが必要です。インストールされていない場合は、下記の手順を参照してインストールしてください。
・JDKインストール手順

・Visual Studio Codeインストール手順

step
1
Visual Studio Codeでのコーディング

Visual Studio Codeを起動し、「File」メニューから「New File」をクリックして新規エディターを開きます。

java_commandline_win01

開いた新規エディターに実行するサンプルコードをコーディングし、適当なフォルダ(C:¥フォルダ直下などは不可)に保存します。(サンプル画像ではC:¥フォルダの直下にjavaというフォルダを作成し、保存しています)java_commandline_win02

保存する際にはファイル名の後に「.java」の拡張子をつけ、ファイルの種類が「All Files(*.*)」になっていることを確認して保存します。

java_commandline_win03

コードが正常に保存できた場合には、「.java」の拡張子が付いたファイルの種類が「JAVAファイル」となって保存されます。

[

step
2
javaファイルの実行

step1で保存したjavaファイルを実行します。windowsスタートメニューからコマンドプロンプトを起動してください。

java_commandline_win04

コマンドプロンプトが起動したら、カレントディレクトリを先ほど保存したjavaファイルのあるディレクトリに変更します。

参考


カレントディレクトリの変更などコマンドプロンプトの操作がわからない場合は、以下の記事をご参照ください。

・コマンドプロンプトの使い方

java_commandline_win05

step1で作成したjavaファイルを「javac ファイル名.java」のコマンドでコンパイルします。「javac」と「ファイル名.java」の間に「半角スペース」が入っているので注意してください。

コンパイル時にエラーが出た場合は次のステップへ進めないため、コンパイルが通るまでエラー箇所の修正をしてください。エラー箇所を修正したら保存を忘れないようにしてください。

java_commandline_win06

コンパイルが成功すると、javaファイルを保存したフォルダに「classファイル」が生成されます。

java_commandline_win07

「java クラス名」のコマンドで、classファイルを実行します。「java」と「クラス名」の間は半角スペースが入っているので注意してください。またjavaコマンド実行時は「.java」や「.class」の拡張子は不要です。

コードに記載された実行結果が表示されたら開発環境の動作確認完了です。

-開発ツール, JDK

Copyright© IT入門書籍 スッキリシリーズ , 2020 All Rights Reserved.